読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【なんで治る?】背骨コンディショニング

  ◆10年前からずっと悩んでいた腰痛。

腰痛改善の為に費やした時間と費用は計り知れない。

そんな腰痛持ちの方が半年間背骨コンディショニングのグループ体操に出たら

みるみる改善した。「今までの時間と費用は何だったの?」という女性の参加者。

 

◆突然立ち上がれなくなった。

MRIなどの精密検査を受けても原因不明。 3ヶ月間、立つことが出来なかった方が

背骨コンディショニングの矯正を受けて3ヶ月で、手に椅子を持って歩ける様に

なった80代の女性。

 

こんなお声が全国各地から毎日の様に沢山頂いております。

 

◼︎何をしても治らなかった方が

なんで、こんなに治るのか?

 

その答えは、【背骨コンディショニングの独自理論】が深く関係しています。

 

【独自理論とは?】

●神経牽引理論

仙腸関節可動理論

の2つの理論のことなんです。

 

分かりやすくいうと、、 神経が引っ張られると痛いんじゃないの?

仙腸関節は実は結構動くんじゃないの? ということなんです。

 

「よく分からないな。」というお声が聞こえてきそうですが、、

 

◼︎ちょっと身体のことを想像してみてください。

頭蓋骨の中に脳がありますよね。

そこから首の骨の中を通り腰の骨まで下に伸びている神経が脊髄神経。

脊髄神経から身体の隅々まで伸びているのが末梢神経ですね。

身体が動いたり、物を触れたり掴んだり、その感覚をまた脳に伝えています。

大事な神経ですので、骨に覆われています。

 

 

◼︎何が違うのか?

通常、神経は圧迫されると伝達異常が起きると考えられているのですが、

圧迫されて痛いなら引っ張られても痛いんじゃないの?ということなんです。

 

例えば腰が痛くて病院に行くとレントゲンを撮り神経を圧迫している箇所を

探しますが、引っ張られている箇所は探してはいないのです。

もう一つ、仙腸関節は通常動かないとされていますが、実は良く動くんです。

 

「なぜそんな事が言えるのか?」というと

実際に手技にてセンチ単位で動かせるから、、。

実際に仙骨をゴリゴリと動かしながらレクチャーしている動画も

背骨コンディショニング協会のHPで確認出来ますので、見てみてくださいね。

 


仙腸関節の矯正

 

◼︎今までにない考え方

つまり今までにない考えの元、作られているということ。

痛みや不調の原因が根本から違えば対処方法もガラリと変わるということなんです。

背骨コンディショニングでは、、

 

●骨はこういう風に歪みやすい。

●するとこう神経が引っ張られる。

●するとこんな症状が出やすくなる。

●だからこういう風に対処する。 と体系化されているのです。

 

◼︎まとめ

今までになかった理論を元に作られているプログラムなので、

既存の様々なプログラムで治らなかった方が実際に治っているんです。

勿論、背骨コンディショニングで全て良くなるか?というと

別な療法で改善を目指した方が良いこともありますので、

「私の症状は?」という方はお近くのインストラクターにお尋ねくださいね。

春は新しいことを始めるにはもってこいの季節、

そろそろ根本的な解決を目指してみませんか?

 

〈記事: 背骨コンディショニング認定講師・高橋晃史