読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医療費が昨年とうとう40兆円を超えました

 
 ◼︎国家予算100兆円に対して医療費40兆円 
 
厚生労働省が昨年9月3日に発表した
2014年度の概算医療費は、
40兆円に達し、過去最高額となりました。
 
最高額の更新は12年連続だそうです。
 
 
医療費の内訳は75歳以上が全体の3分の1を占め、
団塊の世代と呼ばれる方が
全て75歳以上になる2025年には、
医療費が54兆円になるという試算も出ています。 
 
 
◼︎背骨コンディショニングで出来ること 
 
10年間腰痛に悩まされ続けていたのに、
4つの体操をしただけで驚くほど軽くなった。
 
老化の為治らないですよ。
と言われた下半身の痺れが1ヶ月でかなり軽くなった。
 
立ち上がるのにも一苦労だったのが、
すっと起き上がれる様になった。
 
日々こんなお声を全国からとても沢山頂きます。
 
 
◼︎3つの解決の仕方
 
 身体の不具合は
大きく分けて3つの解決の仕方があります。
 
①手術で良くなるもの 
②薬で良くなるもの 
③運動で良くなるもの 
 
③の運動で良くなるものに特化したプログラムが
背骨コンディショニングなんです。 
 
手術で良くなるものを
運動で治そうと思えば当然無理がある様に
 
運動で良くなるものを
薬や手術で治そうと思えば当然無理があるのです。
 
 
 ◼︎原因に対しての対処が大事ということ 
 
背骨コンディショニングの独自理論からもわかる様に
骨の歪みが、
症状の「本当の原因」となっていることが沢山あるのです。
 
スペシャリストが1年間で回避している手術は、
 
 ●脊柱管狭窄症100万円×100人 
●人口股関節200万円×100人 
●腰椎ヘルニア20万円×300人 年間3.6億円。 
 
背骨コンディショニング協会は、
「3000人のスペシャリストを輩出することにより、
医療費1兆円削減に貢献する。」
という目標があります。 
 
 
◼︎やりがい 
 
私自身、背骨コンディショニングに出会う前も社会貢献したい、
医療費削減にも何か力になれないか?
と考えたこともありましたが、
具体的な貢献をしている実感があまりありませんでした。
 
ただ、この資格をとってからは
「杖をついていた方が杖なしで1万8千歩も歩けたのよ」
「人生に絶望を感じたというくらい
酷い腰痛の方から希望の光が射してきた様です。」
と仰って頂けることで、
微力ながら社会に貢献しているという
「やりがい」を感じています。 
 
 
◼︎仲間になってください 
 
背骨コンディショニング協会では、
痛みや不調で困っている方に希望の光を見出したいと
同じ理念を持っている方に
是非仲間になって欲しいと思っています。
 
スポーツインストラクター、医師、理学療法士
作業療法士鍼灸マッサージ師、整体師、柔道整復師
ピラティスやヨガの先生など、今まで様々な方が
背骨コンディショニングの資格をとられていますが、
まだまだ仲間がもっともっと必要です。
 
春は新しいことを始める季節。
少しでも興味が湧いてきた方は、
是非協会HPの講座スケジュールを見てみてくださいね。